海の幸を山の知恵で ~あわびの煮貝とは~

あわびの煮貝の写真

その昔、駿河湾で獲れたあわびを、醤油漬けにして木の樽に入れ、馬の背に乗せて甲斐の国(山梨県)に運んだところ、馬の体温と振動によって醤油があわびに程良く染み込んで、甲府に着く頃には最高の味に仕上がったそうです。それ以降、甲斐の名産として知られていきました。

戦国武将・武田信玄公が、あわびの栄養価に目を付け、戦での保存食として考案したという説もあります。

株式会社かいや

このページの先頭へ